実写化作品に対する思い

昨今、ハリウッド映画が日本の漫画や小説の原作の映画化の権利を取得しているケースが増えている。その要因としてはアメリカなどにおいても映画にするネタが国内でなくなっているのだろう。

 

また日本も決してネタに関しては多くはないだろう。日本にしても同じような話のドラマや映画が繰り返し作られているのだ。特に警察、刑事ものに至っては非常に似たような展開、演出が多すぎるのだ。

 

最近、日本ではアニメ作品の実写化が相次いでいる。しかし実写化が原作のファンなどに受け入れられ興業的にヒットを飛ばしているのはごく僅かと言っても過言ではない状況だ。また実写化で成功が無理そうだからという事でCGでの作品に力を入れていく傾向、動きも近年、特に目立っている状況だ。

 

キャプテンハーロックや聖闘士星矢のCGアニメは個人的には成功は難しいのではという思いが以前からあるのだ。聖闘士星矢のCGアニメに至ってはなぜセルアニメ時代の声優にしなかったのか、キャラクターもなぜ原作に似せようとしないのだろうと不満点もある。ただゴールドクロスの黄金色の輝き一点だけは、さすがCGといったところで評価はできる。寄生獣、るろうに剣心、ルパン3世の実写化にしては、公開前の作品も含むため、予測でしかないのだが、やはりオリジナル、原作には勝てないだろうというのが結論だ。しかしながらるろうに剣心に至っては、世界観をうまく表現できたことに好感は持てた。

 

今後の実写化作品などには原作のファンの思いなども汲み取って映像化してほしいものである。